CFO(最高財務責任者)の役割


CFOとは、企業の最高財務責任者であり、経営参謀ともいえ、経営者の一員です。


最近は、日本の企業においても、CFOを名乗る人が増えていますが、

CFOの名に相応しいスキルを身につけている人は少なく、CFOの器でない

人が多いのが現状です。


このCFO(最高財務責任者)の役割として、最も重要なことは、経営者として、

企業の財務管理をすることではありますが、マーケティングの知識もなければ、

経営者としての仕事はできません。


なぜなら、経営戦略なくして財務戦略なしということが、

成功している経営者の中では常識だからです。


また、マーケティングが理解できていなければ、銀行が融資を断る理由

も理解できていないことになります。


財務管理とは、経営をコントロールする為に、自社のあるべき姿を客観的

な予算として予算編成し、予算と実績を比較して、分析・評価・対策まで

の活動全体のことであり、経営管理の仕組みです。


また、CFO(最高財務責任者)を日本では法的に定義する

法律は存在していません。


日本企業では、取締役財務部長、取締役経理部長、取締役経営企画部長、

取締役管理本部長などがCFOに相当しますので、外部報告目的の財務会計の

専門家である経理部長をCFOとは呼ばないのです。


ちなみに、日本では、CFOに相応しいスキルを持っていない人が、

CFOに就任するケースが多いのが現状です。


そして、CFO(最高財務責任者)の役割を果たす為に必ず必要なのは、

財務会計の知識ではなく、管理会計の知識ですが、このことを理解している

人が少ないことが、本来のCFOの役割を果たせていない人が多い原因の

1つといえます。


この管理会計の総合的な知識とその他の経営に必要な知識を身につける

ことで、CFO(最高財務責任者)として、経営をコントロールする為に必要な、

実用的な単年度経営計画・中期経営計画・長期経営計画を作成することが

できます。


また、CFO(最高財務責任者)が、国際会計基準(IFRS)などの

財務会計の専門知識に力を入れているようでは、CFOとしては失格であり、

本末転倒であるといえますので、CFOとして、やるべき業務とやらなくても

よい業務の判断がつかないようでは、CFOの役割を果たすことは不可能でしょう。


更に、CFO(最高財務責任者)の役割として近年期待されていることとしては、

企業の経営問題、経営課題を適時把握することなので、経営問題、経営課題

をタイムリーに把握できるスキルである、経営の見える化のスキルは必須

といえます。


そして、CFO(最高財務責任者)の役割を果たせるようになってこそ、

経営参謀や経理プロフェッショナルと呼ばれるに相応しいといえますので、

経営参謀や経理プロフェッショナルとなる為には、CFOとしての最も重要

な業務が遂行できるスキルを身につける必要があるのです。


尚、CFO(最高財務責任者)には経営者として、経営判断をする為の物事の本質

を見極める力が必要であり、このスキルを身につけるには、本を読み得られる

ペーパー知識だけでは身につけることは不可能なので、日々の業務経験から

いかに暗黙知を掴んでいくかが、経営者であるCFOには必要なことなのです。


ちなみに、経理部や財務部に所属する社員が、CFO(最高財務責任者)を目指す為に

意識すべきこととしては、エイブラハム・リンカーンが語ったことが参考

になるはずです。


「自分がどこにいて、どこに向かっているのかがわかれば、
           何をどのようにすればいいのかがもっとよくわかる。」