アポスティーユ申請代行


■サービス報酬

  • アポスティーユ申請代行報酬

    250,000円(税別)

    ※上記報酬は1件の価格となっております。

    ※その他の公文書認証手続きについてもご対応可能でこざいます。

  • 御相談は完全予約制の有料です。お問合せフォームから御予約ください。



■アポスティーユとは何か

海外取引がある企業では、外国で日本の文書を使用する際に、

認証手続きを求められるケースがあります。


主な、外国向けの認証手続きは、①アポスティーユ(Apostille) 、②公印確認、

③外国向け私署証書の認証、④領事認証がありますが、どの認証手続きが必要になる

かは、提出する国と提出する文書によって異なります。


よって、提出先の要望に添った認証手続きが必要になるわけです。


認証手続きの方法である、アポスティーユとは、ハーグ条約を締結している国において

通用する公文書の証明方法で、日本国の外務省がハーグ条約加盟国に対して証明して

くれる制度であり、「付箋による証明」と日本語訳されています。


この証明方法で認証が可能な文書は公文書のみで、公文書とは、下記の公的機関が

発行した書類や公証役場で作成する公証人認証書などの、下記の全ての要件を満たす

公文書が、証明できる書類となります。


公文書に該当する要件

  • 発行日付が記載されていること(発行日より3か月以内)

  • 発行機関又は発行者名が記載されていること

  • 公印が押されていること


公文書の対象となる主な発行機関

  • 国の機関

  • 地方自治体

  • 公証役場

  • 国公立病院

  • 赤十字病院

  • 公立高等学校

  • 公立中学校

  • 公立小学校


この証明方法は、公文書を外務省に持参して証明申請し、外務省の印が押された証明書

をホッチキス止めしてもらう方法です。


この方法は、領事認証よりも手間がかからず、利用しやすい方法といえます。


アポスティーユが必要なケースは、下記のようなことが該当します。

アポスティーユ認証手続きが必要なケース

  • 海外で現地法人を設立

  • 海外の現地法人の役員に就任

  • 外国で支店を設立

  • 外国で工場を設立

  • 海外赴任

  • 海外で特許申請

  • 海外で商標登録

  • 海外支店の代表者を変更

  • 海外の不動産を購入する場合

  • 海外の不動産を売却する場合

  • 海外の銀行口座の開設

  • 海外の証券口座の開設

  • 海外の銀行口座の解約

  • 海外の証券口座の解約

  • 海外に留学

  • 海外に就職


また、対象となる主な公文書は、下記の通りです。

  • 会社登記簿謄本

  • 不動産登記簿謄本

  • 医薬品登録証明書

  • 農薬登録証明書

  • 居住者証明書

  • 納税証明書

  • 公証人認証書

  • パスポート

  • 戸籍謄本

  • 戸籍抄本

  • 出生届受理証明書

  • 婚姻届受理証明書

  • 離婚届受理証明書

  • 婚姻要件具備証明書

  • 婚姻届記載事項証明書

  • 出生届記載事項証明書

  • 住民票

  • 警察証明書(犯罪経歴証明書)


また、海外の銀行や証券会社に口座を開設する際は、サイン認証パスポート認証

必要な場合もあり、弊所でも、両方の認証にご対応可能です。


■認証サービスの流れ

サイン認証サービスフローは下記の通りです。

認証サービスフロー

  • 弊所に、下記の項目をお知らせいただく。

    ①必要なサービス
    ②提出先
    ③認証の目的

  • 弊所から、お客様へ、申請報酬、認証日時等を電子メールでお伝えする

  • 報酬と必要書類を持参頂く

  • 行政書士が申請をする

  • 申請手続の完了

  • お客様に書類をお渡しする



■サービスの対応地域

弊所のアポスティーユ申請のサポート地域は、基本的に、東京23区限定ですが、

東京都のその他の地域、千葉県、埼玉県、 神奈川県、その他の道府県の方も、

当事務所にご相談くださいませ。


アポスティーユ申請を検討されているお客様は、東京都千代田区秋葉原駅徒歩1分

の場所に士業ビジネスの拠点を置く、行政書士 緒方法務事務所に お気軽にご相談

くださいませ。